通販自動車保険は検討すべき

自動車保険には通販型と代理店型があります。
よく言われるイメージとして通販型なら保険料が安く入れるといったメリットがあります。

 

確かに安いなら通販自動車保険が良いのですが
意外にも通販タイプの自動車保険加入率はそんなに高くないようで
10%~20%くらいと言われています。

 

もっと詳しく通販自動車保険のことを知っていれば
入るメリットがあると感じると思ったため、通販自動車保険の魅力を解説することにしました。

通販自動車保険への切り替えについて

まず、現在入ってる自動車保険が代理店型であろうと、通販型であろうと
切り替え自体は何の問題もありません。

契約途中での切り替えだと面倒な手続きもありますが更新時での切り替えなら全く問題なく切り替えができます。

 

等級も引き継げる

これまで何十年も無事故で等級が最大をキープしてるからモッタイナイと思ってる人。

 

そんなことはないんです。

通販自動車保険でも現在の等級をそのままキープして契約できます。

一部の共済制度だと等級引き継げないこともありますが、一般的な自動車保険なら問題ないんです。だから、今まで等級がネックで切り替えを検討してこなかった人も安心して通販自動車保険を検討してください。

 

加入はネットが主流だから対面販売ナシ

通販自動車保険へ入るルートですが、主にネット通販です。

ネットから見積して契約する流れになるため、保険会社の窓口へ行ったり
営業担当に直接会って契約する必要がありません。

 

むしろ、そういったルートでの契約ができません。

 

だから、保険の営業に会うのが苦手な人や
セールスを苦痛を感じる人にはうってつけの保険となっています。

 

通販自動車保険だと事故対応が不安

通販だから事故時の対応が不安と思う人もいますが
そんな不安を抱く必要ありません。

 

そもそも、代理店型であったとしても、最終的に事故対応してくれるのが保険会社であって代理店はあくまで窓口となるだけです。

 

通販自動車保険は代理店を通さず直接契約するカタチとなるため、窓口は保険会社直接となります。

自動車保険会社の役目は事故時の補償することであり
安く保険を引き受けすることではありません。

 

自動車保険会社として最大の責務が事故対応であるため
各社競って事故対応満足度向上させており、通販自動車保険も例外ではありません。

代表的な通販自動車保険であるソニー損保、アクサダイレクト、三井ダイレクト、おとなの自動車保険では、HP上で事故対応調査アンケート結果を公表しています。

 

どこの会社も9割前後の人が満足と回答しており、
事故対応が不安という心配は必要ないと考えて良いでしょう。

 

契約初年度はトクに割引額がアップ

通販自動車保険へ切り替えた初年度は割引額がUPします。

 

継続契約の方より優遇されるのが初年度契約となるため
今までずっと同じ代理店型の自動車保険を契約している人で、ちょっとでも通販自動車保険に興味あるなら、一度ネット見積してオトク度を確かめてみるのがオススメです。

 

もし仮に見積して保険料に魅力を感じないなら今までの契約を更新すれば良いだけです。

 

見積するのに既存契約の保険会社へ申告する必要もありませんし、保険証券や車検証があれば見積はできるため、通常であれば今入ってる代理店や保険会社へ書類申請など必要ありません。
※証券を紛失したなど現在の等級が不明だと見積できません。
tuuhancarhokenをフォローする
通販自動車保険の魅力を徹底解説